愛菜館農園だより(2017年1月号)

愛菜館農園だより1月号
(2016年12月9日(金)、22日(木)実施)

 あけましておめでとうございます。2017年も愛菜館農園での内容をお届けしてまいりますので、よろしくお願いいたします。
 12月は、アスパラガスの冬支度についての話と資材紹介、そして、寄せ植え講座でした。左の写真は、正月向けのアレンジで組み合わせたものです。雪のない穏やかな年明けとなりましたね。

2017年1月は13日、27日(金)実技指導を実施します!!

※通常毎週金曜日(冬場は1週間おき)午前9時よりJAの専門営農指導員が丁寧に指導しています。お気軽に覗いてみて下さい。
〜アスパラガスの冬支度〜
アスパラガスが2年目の冬を迎えました。
10月以降、色が徐々に緑色から黄色に変化しているのが分かると思います。光合成で作った養分を根に移動させることで、黄色くなります。黄色くなるまで待って、刈り取りましょう。
アスパラガスを刈り取った後は、枝葉を圃場の外に出して処分します。運ぶ際に落ちてしまうアスパラガスの葉や実、周辺の雑草、土の表面にいる菌をバーナーで焼いて綺麗にします。また、刈った切り口を焼くことで、ウイルスの侵入を抑え、病気の予防になります。 バーナーで圃場を焼く作業が終わった後(芽が出るまでに)、「堆肥マルチ」をすることをオススメします。肥料効果は低いですが、保温、草抑えの効果があり一石三鳥です!牛ふん堆肥など“完熟の堆肥”をたっぷり使って、うねを全て覆ったら「堆肥マルチ」の完成です。
〜寄せ植え講座〜
正月らしい寄せ植えを作ろう!ということで、2016年の最終講義が始まりました。
写真の門松は、100均のプランター・竹・松・葉牡丹2つ・正月っぽい飾りと、いたってシンプルな材料で出来ています。難しく考えず、楽しく作ってみましょう。
寄せ植えで大切なのは、「どこに置くか」です。屋外か室内か、屋根がある場所かなどプランターを置く環境で、選ぶ花が変わってきます。置く場所の環境に合わせて花を買いましょう。12月でも生花店の外に陳列されている花は、寒さに強いと言えます。ちなみに葉牡丹は寒さに強い花です。 ポットを外すと、根が巻いて白くなっているのがほとんどですが、この白く塊になっている根をちぎって捨ててしまう人もいるそうです。根をちぎれば当然植物は弱りますから、やめましょう。ただ、根が塊になっていると活着しにくいのは一理あります。手で優しく揉んで土をほぐし、根をすこし解いてあげると良いでしょう。

≪2016年12月号    次月≫

このページの先頭へ
中 大