トップページ営農情報新鮮野菜生活JAのご案内リンク集ネットショップええもん届ける便

Last UpDate 2017.1.17[V196R6]


新着・お知らせ
  西条カッキーのご紹介

<ハローいなばコミュニティー誌 冬号>

今月のいなば

広大な砂丘が畑です。

県外市場に出荷します。
 鳥取の特産品として有名な砂丘らっきょうは5月下旬から6月中旬の出荷時期で、毎年多くのお客様からご注文をいただきます。
 生の砂丘らっきょうが出回る時期は短いのですが、実は今の時期に生の砂丘らっきょうを食べることができます。「砂丘のさしみ」と呼ばれる、砂丘らっきょうを早どりしたエシャロットです。刺身のように生で食べることができ、お酒のおつまみにぴったりなんです。
 鳥取砂丘のある鳥取市福部町が産地で、昭和58年に集荷をスタートしました。シーズンは、1月~2月、年間1トンの出荷があり、地元はもちろん、神戸、広島、岡山、四国にも出荷されています。
 生食なので、土壌消毒、種球消毒以外の農薬散布は行わず、肥料を多めにやり生育促進に努めています。
 食べ方はいろいろあり、まずは生で、マヨネーズや味噌、醤油、ポン酢、焼肉のタレなどお好みのものをつけて食べてみてください。シャリシャリとした食感と程よい辛味が お酒によく合います。又、どんぶりにご飯を盛り、小口切りしたエシャロットと花かつお、きざみのりを適量のせ中央に卵黄をおとし、醤油をかけるエシャ丼。その他、塩をまぶし、2~3日した後サッと塩抜きを行いキムチの素に3日程度漬け込むエシャキムチや、エシャロットのぬた・天ぷら・野菜サラダ・タルタルソース等いろいろな食べ方があります。
皆さんも、ヘルシー野菜のエシャロットを是非ご賞味下さい。
※西洋野菜のエシャロットとは別物です。ご注意ください。

営農部営農企画課
TEL (0857)32-1144
ご利用にあたって | お問い合わせ | 個人情報保護方針 | 情報セキュリティ基本方針 | 利用者等との利益相反管理方針   このページの先頭へ
中 大